エステ、胸の豊胸術には様々な方法があります。手術によっては、メリットとデメリットがあります。

胸を大きくするエステってホント?
胸を大きくするエステってホント?

エステ、胸の豊胸術について

美容の胸のエステがありますが、エステの一環としての豊胸手術があります。
それでは某有名な整形美容外科での手術の方法を紹介しますと、豊胸手術は整形手術においては全体の割合としては顔の整形手術に次いで二番めに多い手術です。

その手術とは、人体に無害なインプラントと呼ばれるバッグを挿入する方法と患者さんの脂肪をとり、その脂肪を注入する方法がありますが、これにはメリットとデメリットがあります。
メリットとしては、傷口が3ミリ程度と小さく見た目が自然なので手術をしたようには見えません。それと脂肪吸引部の太ももやお尻は痩せて胸は大きくなりバランスがとれます。
デメリットは一回の手術では、3カップ以上大きくすることは難しいことと、患者本人の脂肪が取れない方は手術を受けることが出来ません。近年は挿入バッグにおける素材の耐久性も技術開発により向上し、安心して豊胸手術を受けることが出来るようになりました。

豊胸手術において、知っておくべきポイントが三つありますので紹介します。
その一は術後の痛みに対して、癌の痛みに使われる治療を参考にして痛みを最小限にとどめる。その二は術後の被膜拘縮の予防の為、超音波マッサージと胸の柔らかみを維持する薬を2ヶ月間服用します。
その三は挿入したバッグの微妙な位置の調整を行うことでバストの美しさを最大限に引き出します。
某美容外科のこだわりとして、定着率の向上があります。
脂肪細胞と一緒に幹細胞を注入し血管を俊敏に成長させ従来の脂肪注入の2〜3倍の定着率になっています。
次に術後のしこり対策として、脂肪注入専用器具えお使用し0.3ccと少量ずつ注入し予防しています。
近年は上記以外の方法で、ヒアルロン酸などを使用したプチ豊胸治療も行われています。

■注目の情報